So-net無料ブログ作成

卒業旅行は初の海外でイタリア!日記編2日目02 [イタリア]

MilanoS.JPG

旅行2日目(観光1日目)は、ミラノ辺りを観光し、夜に水の都ベネチアに行きます。

『午前:コモ湖』 

コモ湖ミラノからバス1時間ほど進んだところにあります。面積150弱平方km、最深約420mの細長の形をしています。

日本で湖といえば、私がよく知ってるのは琵琶湖。その琵琶湖は、面積670平方km、最深約104m。琵琶湖は大きすぎて比較できないですが、琵琶湖の1/4ほどの広さで、深さは深いところで4倍。

コモ湖は非常に深いなぁ。一方、琵琶湖は広い割にはあまり深くないのですね。

・・・ 

添乗員さんからの雑ネタ情報。電話・特にテレフォンカードに関して、イタリアのものはとっても使い勝手が悪いみたいだそうです。カードのどこかのスミを1つを折る必要があるとのこと。

また電話料金は、かけるところによってまちまちのようです。日本のように、3分〇〇円、1分〇〇円と決まっていれば、電話の利用時間から計算できて安心ですが、それがまちまちだと気付かずに非常に高い金額になっていることもありそう。特に、国際電話ならどのくらいの利用料金になるか金額を見てみないと分からないのは安心できません。

料金が高いので、今回の旅行では電話は一切利用しませんでした。

電話料金は高いんですが、郵便(Air-mail)はとっても安いです。80セントで届くそうで本当にびっくりです。電話同様に私は利用しませんでしたが、旅行に行っているメンバーは皆送っていました。

自分宛にでも試しに記念として送れば良かったなぁ、と後から少し後悔しています。

・・・ 

コモ湖に向かう途中、バスから窓の外を見ていると、マックがありました。当然ドライブスルーがありましたが、なんていうんでしょう?

McDRIVE」でした。

んな感じで、バスから見える景色を堪能しつつ、添乗員の雑学情報に耳を傾けながら、目的地までの時間を過ごしました。 

・・・

コモ湖に到着後、 お昼までの時間はフリータイムになりました。せっかくなので、ボートに乗ってコモ湖を縦断することに。12人から14人乗れるボートの大きさで、1人当たり10ユーロ

季節は2月であり、また、湖にいるということもあって、非常に寒かったです。それでも、のんびりガイドを聞きながら、40分ほどの遊覧をしました。ガイドさんの話の中で、勿論、英語ですが、唯一覚えているのが、サッカーの元選手のシェフチェンコさんがここに別荘をもっているということです。 

image060226004.JPG

とっても豪華な建物ばかり。写真の右側の山の中をのぞくと、上のところまで上っていけるところがあります(なんの乗り物って言っていたかな・・・トロッコかな・・・)。ただし、ここの乗り物で上にのぼっても、コモ湖が全然見えないそうです。

image060226005.JPG

とっても高いところ(山?丘?)まで建物があります。

image060226006.JPG

建物はホテルらしいのですが、宿泊するのに非常に料金が高いそうです。

image060226007.JPG

ボートに乗っている状況を撮影するために、ボートの交尾から後ろを撮りました。

・・・

今回はここまで。次回は、ボート下船後から昼食です。つづく・・・。

※本シリーズの目次はこちら ⇒ 卒業旅行は初の海外でイタリア

(引っ越し前のブログに書いた内容を一部改版して投稿しています)

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

卒業旅行は初の海外でイタリア!日記編2日目01 [イタリア]

image060226001.JPG

『朝食・朝の散歩』

朝6時30分に起床だったので、とても眠い。ただ旅行に行くとなぜか早めに目が覚めて起きる。普段なら絶対に寝過ごしてしまうのに。やっぱり環境の変化が影響しているだろうか。

結局、寝たのが深夜の2時ごろだと思うので、4、5時間の睡眠です。とても眠いです。

・・・

普段の朝食は、パン派で、食パンであったり、〇〇パンを食べたりしています。そのため、朝はご飯でないと・・・、ということはありません。旅行期間中はずっと、自分で好きなのを取って食べる、バイキング形式でした。自分の体調、食欲などを考えて食べられるので、とっても良かったです。

旅行中の食事は、本文最後から飛べる目次ページの食事編を見てください。

・・・ 

朝食後は、まだ1時間ほど時間を持て余していたので、ホテルの周りを散歩しました。とっても寒かった~。

冒頭の写真。綺麗にまっすぐ伸びた道路。絵でよく使われる遠近法の状態になっていので、すこしばかり感動しちゃいました。それにしても、一方通行の道路なのですが、びっしり両サイドに車が止まっていて、しかも、その前後の車の間がほんのわずかしか空いていないんです。停めている車を出すとき、どう出すんだろうなぁと思いました。

image060226002.JPG

散歩していて、気になったので撮りました。信号機、青色黄色が一緒についていますね。青色のみの状態から次の状態に移った時のです。これは何を意味しているんでしょうか・・・。分かりません。

image060226003.JPG

日曜日の朝だったからか、或いは、まだ、朝早すぎたのか分かりませんが、街中はほとんど人はいませんでした。特に何もなく、本当に朝の空気吸いに、街中の様子を見に行くだけの散歩になりました。

数十分後ホテルに戻りました。戻る際にホテル前の写真を撮りました。本当は、泊まった全てのホテルの写真を撮ればよかったのですが、結局、撮ったのは最初のホテルだけで、それ以降は忘れていました。

今回はここまで。次は、ようやく観光巡り開始です。つづく・・・。

※本シリーズの目次はこちら ⇒ 卒業旅行は初の海外でイタリア

(引っ越し前のブログに書いた内容を一部改版して投稿しています)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

卒業旅行は初の海外でイタリア!日記編1日目05 [イタリア]

image060225013.JPG

『イタリア行き飛行機内』

飛行機は左右3列のシートでした。イギリス―イタリア間を飛行するため、「Away」と思ったんですが、とっても日本人が多多く、「Home」側と思ってしまうほどで、あまり外国にいないような感じを受けました。

でも、さすがに客席乗務員さんは日本人ではありません。当然ですが。そして「飲み物は(何にされますか)?」という英語での会話に、少し流暢な英語な感じで「Apple」と言いました。2回目の英会話です。

食事として軽食が出ました。食事編に記載したとおり、パサパサなパンが出て、何か飲み物がないと呑み込めない感じだったんです。

食後は、夜時間帯であったため、のんびり眠りの世界に入りました。私は眠りの世界に入ったら、なかなか現実の世界に戻ってこれない体質なんです。 (後でこれがポイントとなるところがあります)

・・・

『ミラノ・リナーテ空港着』

搭乗時間が遅れたため、イタリアに到着したのも一時間ほど遅れました。夜10時は越えていたと思います。さすがにこの時間になると空港内には人は全然いません。

添乗員さんが心配していましたが、ツアー参加者のトランクがすべてあったんで問題ありませんでした。もし無かったら1~3日ほどトランクの中身が使えない状態が続くとのことです。

日本からの直通便なら、あまり預けたトランクが無くなることはあまりないと思いますが、途中で経由が入ると、その経由先で間違って違う便に紛れてしまうことがありそう。

とても怖いです。もし、自分がそういう状態に巻き込まれてしまったら。

・・・

さて、空港からホテルまで行く途中、トラブルに巻き込まれてしまいました。 乗っているバスが故障してしまったのです。ただでさえ、空港に到着が遅れてしまったのに、さらに、遅れが発生です。

20分ほど(もう少し長く感じましたが)で、ようやく復旧し、ホテルになんとか到着できました。到着は日が変わるか変わらないかの瀬戸際な時間でした。 

・・・

image060225012.JPG 

『イタリア初めてのホテル』 

初めての外国のホテルなんで、ワクワクします。ただ、あまり日本のホテルと変わらなかったです。唯一、トイレの便器の横に、おしりを洗うものがあるのが斬新でした。私は使いませんでしたが。

部屋の様子をカメラで撮影しました。(部屋全体撮らずにどことっているんでしょうか、後から見ると自分にダメ出しです)。この本文の冒頭の写真は、ホテル客室内から窓の外を撮影した景色です。建物(の素材?造り?)が日本とは違い独特です。

部屋などを撮影してからは、一緒に行った別のメンバーらの部屋に遊びに行きました。日が変わっているのに、私は何をやっているんでしょうかね。寝起きドッキリではなくて、眠り前ドッキリということで、カッシャと撮りました。ここには載せれませんが。面白い写真が撮れました。

さて、1日目の日記はようやくここまでで完結しました。旅行10日間の予定で、まだまだ、つづきます。

※本シリーズの目次はこちら ⇒ 卒業旅行は初の海外でイタリア

(引っ越し前のブログに書いた内容を一部改版して投稿しています) 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。